迷った時は遠慮なく

     うらさ 千手院

千手院の肌守り(はだまもり)




昔ながらの伝統を受け継ぎ、当寺では今でも奉書紙を手折りし、肌守りというおふだを用意してご祈祷しております。

住職か副住職がほとんどを手書きします。
おふだの中には病気平癒の祈願だったら薬師如来、学業や入試合格なら文殊菩薩、他にも安産、良縁、商売繁盛、四十二歳や三十三歳の厄除けなど、その人それぞれのご祈願にあった仏様の梵字を書き入れ御祈願いたします。

「肌守り」というくらいですから、サイズも小さくなっており(縦5cm横3cmほど)、お財布や手帳などの中に入れていただくようになっております。

お札の数は人の願いの数だけあるのかも知れません。

祈願を修めてあり、常時お渡しできるのは下記のお札です。(一体500円)

・交通安全
・心身健康
・入試合格

他、個々に御祈願がある場合は、祈願内容とお名前、連絡先をメールかお電話等でお知らせください。

直接ご祈祷にあいたい場合は、事前の予約が必要になります。



*お布施について(目安

お布施は料金ではありません。ひとつのご参考になさってください。

お札のみの受取り

・肌守り一体(お札裏面の名入れなし) 500円
・肌守り一体(お札裏面の名入れあり) 700円(個別にお札を作ってからのご祈祷になるためお時間をいただきます)


直接ご祈祷を受ける場合 7000円(日時の予約が必要になります)