迷った時は遠慮なく

     うらさ 千手院


盆礼〈盆持(ぼんぼち)・盆参〉とは?

 「盆礼」とは、盆における訪問贈答儀礼。

「盆」は天保暦(旧暦・太陰太陽暦)の7月15日(満月)を中心に祖先の霊を祀る一連の行事。
この「盆」は後に仏教の「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と合流し、次第に民間に浸透していったと考えられます。
(日本では明治6年〈1873年〉にグレゴリオ暦〈新暦〉が採用される)

盆と正月はよく対比して使われることが多いが、1年を半期ずつにわけると前半の始まりはお正月、後期の始まりが盆となります。
(旧暦で考える)

正月は祖霊を年神とし、盆は生御霊(いきみたま)として別々にとらえ、それぞれに先祖祀りの信仰があり、正月に新たな年の年始回りをする
ように、盆には先祖霊と共に健在の親や仲人、師などの親方筋へ挨拶をかねて贈り物をする「盆礼」という風習がありました。

盆礼には索麺、麦粉または鯖などの生ものを贈ることが多かったとのことで、これらを「盆供」称するところもあります。

仏教の盂蘭盆と道教の三元思想などの影響を含んでいるために、解釈するのに複雑な一面があることも否めません。

また、盆の概念は日本全国的なものであり、その内容や風習は地方それぞれの形があるため、定石と呼べるものがなく、注意が必要でもあり
ます。

しかし、このような風習は、いにしえの人たちが季節の移り変わりを注意深く観察し、節目節目をいかに大切に考えていたのかが分かります。

【千手院の場合】

8月1日から13日にかけてお檀家の皆様が挨拶にみえる風習となっています。
浦佐では「盆礼」「盆持(ぼんぼち)」と言っています。

また、個人的に新潟県内の様子をみると、大体7月〜8月の前半までに「盆礼」「盆参(ぼんさん)」「盆持(ぼんぼち)」「盆内(ぼんうち)」と称して、檀家がお寺に集まり法要やお施餓鬼(おせがき)などの行事を行ったり、年1回の寺院の活動報告などをしている所が多いようです。
ただ千手院でもそうでありますが、最近では法要がなくなり、「盆礼」の訪問贈答儀礼のみが執り行われるお寺が増えてきている傾向があります。

2005年現在、新潟県内で執り行われている「盆礼」「盆持」「盆参」「盆内」は同じ意味ととらえて良いと思われます。