迷った時は遠慮なく

     うらさ 千手院


浦佐城主・大関(水原)親憲

天文15年(1546年)−元和2年5月13日(1616年6月26日)

上杉二十五将のひとり。

大関親憲(おおぜきちかのり)は大関阿波守(親信)の子で天文15年(1546年)に浦佐城で生まれたと伝えられている。『越後野志』浦佐城の項に「城主大関常陸之介、後ニ蒲原郡水原ニ移住ス」とある。常陸之介とは親憲のことである。
また『新編会津風土記』には、「城跡 村西三町山中にあり、高二十丈周二十町余、天正年中大関常陸介某と云者住せし所と云ふ、荘屋與兵衛が家に古文書一通を蔵む」とある。

早くから上杉謙信に仕えて、永禄4年(1561年)の川中島の戦いで武功を挙げたことを謙信より賞賛されている。
また、上杉謙信の死後は上杉景勝に仕え、天正14年(1586年)には新発田重家の乱において水原満家が戦死し、断絶していた北蒲原郡水原の名族・水原氏の家系を賜り水原城主となり、水原常陸之介親憲と改名する。

慶長3年(1598年)に上杉景勝が会津に移ると福島城代、猪苗代城代を歴任し、伊達政宗の襲来を破るなどその名を知らしめた。
慶長5年(1600年)の関ヶ原の役では、山形最上攻め(長谷堂城の戦い)に参陣し、直江山城守兼続と共に軍奉行をつとめた。その撤退戦では追撃する最上勢に突撃する前田利益(慶次郎)らに呼応し、鉄砲200丁で支援射撃を行い、上杉軍の撤退を成功させている。

また、慶長19年(1614年)の大阪冬の陣では徳川方として参戦した。
豊臣軍を大いに打ち破る武功を挙げ、将軍の徳川秀忠より感状を受けたが、「子供の石合戦ごときのような戦いで、感状を賜ることになるとは」と、逆に悔しがったと云われている。なお、この感謝状には間違って宛名が『杉原常陸』となっていたため、その後は杉原姓に改めている。(読み方はすいばらのまま)

元和2年(1616年)71才で死去。景勝の命により、米沢林泉寺に葬られる。